皮脂とニキビの関係性

鏡鏡を見るのも憂鬱になってしまうこともあるニキビ。ニキビはなぜできるのでしょう。そして、ニキビとセットで耳にすることの多い、皮脂とニキビにはどの様な関係があるのでしょう。

ニキビは酸素の少ない空間と皮脂を好むアクネ菌の増殖によってできます。ホルモンバランスや肌のバリア機能が乱れると、過剰に分泌された皮脂や古い角質で毛穴が詰まります。そして詰まった皮脂を餌にしてアクネ菌は増殖します。

皮脂は脂肪酸やコレステロールを成分とし、皮脂腺から分泌されます。皮脂腺から分泌された皮脂は、汗と混ざり皮脂膜になります。皮脂膜になると皮膚の表面を保護して乾燥を防ぎ、外部刺激からも肌を守るバリア機能の役割をするため、適度な皮脂は肌を守るために必要です。

皮脂が過剰に分泌される原因は様々です。皮脂膜が担うバリア機能の低下も、原因の一つになります。肌のバリア機能は油分と水分のバランスが整っていることが重要です。皮脂の落としすぎや乾燥などによってバリア機能が低下すると、皮脂が過剰に分泌されてニキビの原因となる場合があります。また、ホルモンバランスの変化なども皮脂の過剰な分泌に影響します。

皮脂は皮脂膜として肌を守ってくれる一方で、過剰な皮脂の分泌はニキビの原因になります。正しく理解することで皮脂を味方につけて、ニキビを予防しましょう。

 

正しいスキンケア対策

女性洗顔やピーリングで皮脂や汚れを徹底的に落とそうとする人もいるでしょう。過剰に分泌された皮脂を落とし、肌を清潔に保つことはニキビ予防に大切です。しかし、過剰な洗顔などの間違ったスキンケアはニキビを悪化させる恐れがあります。ニキビ対策のための正しいスキンケアとはどの様な方法でしょう。

過剰な皮脂を取り除くことは大切ですが、ニキビの予防には保湿も欠かせません。保湿によって油分と水分のバランスを保ち皮脂膜が維持されます。その結果、肌のバリア機能が整い、過剰な皮脂の分泌を防ぐからです。乾燥を防ぐために熱すぎるお湯の使用は避け、洗顔後は時間を空けずに保湿しましょう。

洗顔は肌のバリア機能を守るために優しく行います。しっかり泡立てた泡で洗うことがポイントです。タオルで拭く時も、清潔なタオルで優しく押さえるように拭きましょう。

皮脂腺は顔のTゾーンと、背中や胸に多く集まっています。特にニキビが出来やすいので毛穴を詰まらせないことは大切ですが、ピーリングやスクラブ入り洗顔料の使い過ぎは禁物です。刺激によってニキビを悪化させたり、バリア機能を低下させたりする恐れがあります。ニキビのない時のみ適切に使用しましょう。

ニキビ予防には過剰な皮脂は落としつつ、皮脂膜を維持してバリア機能を低下させないスキンケアが欠かせません。正しいスキンケアを日々積み重ねることがニキビ予防に繋がります。

Pocket