ニキビのスキンケア

女性思春期ニキビに大人ニキビ、白ニキビや赤ニキビなど、さまざまな種類があり、長年にわたりニキビの悩みを抱える人もいるでしょう。ニキビは医学的には尋常性座瘡と言われ病院でも治療を行っています。ニキビ対策のセルフスキンケア製品は薬局でも多く販売されています。多くの人を悩ませるニキビはなぜできてしまうのでしょう。正しいスキンケアとはどの様な方法でしょう。

ニキビの原因であるアクネ菌は、肌のバリア機能が正常な時は悪さをしません。しかし、ホルモンバランスの乱れや肌のバリア機能の低下によって、過剰に分泌された皮脂などが毛穴を詰まらせます。その皮脂を餌にしてアクネ菌が増殖し、ニキビを作ります。ニキビ予防にはアクネ菌の好む皮脂を、過剰に分泌させないことが大切です。

皮脂は油分として皮脂腺から分泌され、汗腺から水分として分泌される汗と混ざり合って皮脂膜となります。油分と水分のバランスがとれた皮脂膜は、肌のバリア機能の役割を果たしています。しかし、皮脂が多すぎるとニキビの原因となり、汚れも付きやすくなります。反対に皮脂が少なすぎると肌が乾燥して皮脂膜のバランスが崩れ、肌のバリア機能も低下して皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。

ニキビ対策のスキンケアは、保湿をしっかり行い皮脂膜の油分と水分のバランスを保ちながら、過剰に分泌された皮脂は取り除くことが大切です。そのためには、熱すぎないお湯と泡で優しく洗顔し、化粧水や乳液で保湿するなどの正しいスキンケアが欠かせません。

このサイトでは皮脂がニキビにどの様に関係しているのかや、ニキビ対策のスキンケア方法を説明します。

Pocket